FC2ブログ
七分袖のプルオーバー 作りました。

重ね着風プル

お色はたしか、、、、サフランぢゃたっと思います。

ま、からし色って感じですかね^^

去年購入。保管。

で、やっと秋になり作成。

色的に、秋っぽいですもんね^^

リーフとバード柄。

かなり 好み。

お花の色は、、、水色かな?

華は かなり 好みなんですが、、、、、

うちのお嬢様には気に入ってもらえませんでした。

「なにこれ?ださっ。 ばあちゃんにあげるん?」と。。。。。(涙

どうみたって、ばあちゃん(華の母さん)が着れるサイズではありません。

どうみたって。。。。。汗




胸元の切り替えは、茶色のコットンです。

フロント重ね着風

そしてキラキラボタン。

相も変わらずキラキラボタン スキです。

ってか、これしか持っとらんのんぢゃもんな~(笑



このプルオーバーに合わせて、茶色のスカート 作る予定でした。

コール天で。

小さな子に、こんな感じのシック系 かなり好きなんぢゃけどな~。。。

茶色のスカートにブーツ。。。。可愛いと思わん?

華は、好きなんぢゃけどな、そんな恰好。

でも、「ださっ」 って言われたけん、スカート作るのも、もう、止めようかと思ってます(ぐすん




袖口はリブ。

袖口

パフっとなっとるけど、ギャザーよせなどせず、リブをかなり引っ張りロックしてます。

お蔭で、ふんわり^^

これまた この縫い方 好み。


肩はギャザーです。

肩

今回は、もちろん ゴムでギャザー寄せ せず、寄せてます。

ゴムギャザー好きなんですが、やはり、ゴムの厚みが気になる人です、私。



サイズ展開は90~130 

90~120サイズ

と、言いたいところですが、残念ながら、130は廃棄です。

切って、華んちの雑巾となりました。

130サイズ


なぜかって?

それは、、、、、、、

裾の生地が破けたから。

破れ

これはどうやったって、綺麗になりそうにない。

こんなんぢゃ プレゼントも出来んし。



なんで、穴が開いたかって?

それは、、、、

裾始末を ジグザグでしたけん。

いつも、直線ダブルステッチしてました。

少し前に、レジロンレジロン(上糸・下糸)だと、少し強めに引っ張ると 糸が切れる

という事を、知ってしまった。

知らなきゃ、レジロンレジロンのダブルステッチで縫ってたと思います。

けど、糸が切れる事を分かってて、レジロンレジロンで縫うわけにはいきません。

レジロンレジロンより収縮に強い、レジロンウーリーで縫おうかと思いましたが、

その場合、生地の表(洋服の表側)からステッチを入れないといけません。

(ウーリー糸が表に出るため)

挑戦したけど、ロックの糸とちゃんと重ならず、裏から見ると、ステッチがあまりにも汚い。

ステッチは、ちゃんと ロックの直線の上を、縫いたい。

こういう場合は、きちんと「しつけ」を ってところなんでしょうが、

どうも華は、しつけとか 苦手です。 横着というのですよね、こういうのって。。。

なので、レジロンウーリーより収縮に強いと思われるジグザグ縫いにしました。

これなら、ロック糸外さず、縫えるし^^

普通のジグザグか?

2点ジグザグが?

3点ジグザグか?

どれが良いのかわかりませんが、華は3点ジグザグでしました。

後日、とある店主さんに教えてもらうと、普通のジグザグが良いらしい。

2点・3点だと、生地が縫い伸びするためです。


んでね、ジグザグでするとね~、、、、、、、

布がミシンの針板に 入り混ぢゃうのよね、、、、、

案の定、生地が入り込み、糸をほどいてる途中、誤って生地に穴を開けてしまった

と、言うわけです。

長々と書きましたが、結局、華が 自分で リッパーで 破った

って、事です^^;

悲しすぎです。

ジグザグ 嫌い。

大嫌い(笑


スピードあげて縫ってるもんぢゃけん、「あっ」と思った時には、ぐいぐい中に入り混ぢゃっててね。

どうにもこうにも なりませんでした。

しくしく泣きながら、、、、いえ、かなりイライラしながら縫ってると、

カレが また 言う。

「なんとかってヤツ、買いなよ」って。

ぢゃけんね、、、、買えるもんなら さっさと買うさ。

ってか、お金頂戴よ 買ってくるけん(笑 ^m^



ちなみに「なんとか」ってのは、カバステの事です。

ここ最近、「カバステ」って言葉、耳にタコができるぐらい聞かせてあげてるのに、

いつまでたっても 覚えない(笑

ま、そんなもんかな?(笑



でも、ジグザグ処理したお蔭で、糸切れの心配はなさそうです。

生地の伸びにちゃんとついてきてます。

これなら切れそうにないね^^

安心

安心


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP